英紙『The Independent』は、マンチェスター・シティがUEFAによる処分に加え、プレミアリーグからの降格に直面する可能性もあると報道している。

同紙は、UEFAによる処分の対象となったファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の重大な違反は、イングランド国内での規則にも違反していることを意味すると報じている。

UEFAは、シティに対して来シーズンからのUEFA主催大会への2年間の出場禁止処分と罰金3,000万ユーロ(約35億7,000万円)を命じている。

よってシティは、2020/21シーズンと21/22シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場できなくなる。この処分は、FFPとUEFAライセンス規則に違反したことに対するものである。

UEFAはシティが会計上のスポンサー収益の過大評価と2012年から2016年に提出した情報におけるスポンサー収入の水増しががあったとしている。

また規則上、プレミアリーグでは会計上の適正な情報を提出することを求めており、シティは、プレミアリーグでのポイントを失う可能性も出てきている。

もし会計情報を改ざんしているとしてシティがUEFAの規則を満たすことができなければ、プレミアリーグでも影響を与える可能性がある。最も重い処分としてプレミアリーグからの降格もあるようだ。

なおシティは、今回の件についてスポーツ仲裁裁判所に提訴する意向をすでに示している。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込締切:2月22日(金)17時まで
ナポリ戦:24日(月・祝)23時59分まで
レアル・マドリー戦:29日(土)17時まで