ラウタロ・マルティネスは欧州ビッグクラブから注目を受ける存在である。アルゼンチンのストライカーは、バルセロナとレアル・マドリーの軌道に乗っており、インテル・ミラノは今年の夏に同選手が去ることを覚悟している。

バルサは市場で9番を探しており、クラブの技術部門はラウタロ・マルティネスを推奨している。

このような経緯からインテルはアルゼンチン代表FWの流出に備え、すでに新たなストライカーをリストアップしているとイタリア紙『Gazzetta dello Sport』は伝えている。

インテルに選ばれたのは、ピエール=エメリク・オーバメヤンである。アーセナルにとって、このスター選手を手放すのは時間の問題となっており、ガボン出身のストライカーは2021年6月まで結ぶ契約の延長を望んでいない。

オーバメヤンは2年前にアーセナル史上最高額となる6,375万ユーロ(約76億円)でボルシア・ドルトムントから加入している。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込締切:2月22日(金)17時まで
ナポリ戦:24日(月・祝)23時59分まで
レアル・マドリー戦:29日(土)17時まで