元FCバルセロナの10番リバウドは、現在バイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍しているフィリペ・コウチーニョがバルサにが戻ってくる場合、ブラウグラナに残るためにコウチーニョに戦って欲しいと『Betfair』で話した。

「コウチーニョはクラブに居続けるために戦う必要がある。そして、バルサに自身の能力を分からせるよう試みなければならない。それが彼の最終的な挑戦であるべきだ。彼の持っているサッカー選手としての個性を示す一つの方法だ」

「ブンデスリーガでの経験が彼を目覚めさせ、現実に気づいてくれていることを願っている。彼にとってバルサがヨーロッパサッカーで一気に輝くための理想的な居場所になりうる。私は彼の能力を信じ続けているが、それには、彼の精神的な強さと批判に対し、彼が証明したいという想いにもよるだろう」とリバウドは意見した。

またリバウドは、ウスマン・デンベレの長期の負傷により冬に獲得したマルティン・ブライトバイテは、「すぐに忘れられる」と言った。

「スアレスの復帰、もしくは来シーズンにコウチーニョにチャンスが与えられるとすれば、彼ら(クラブ)はすぐにブライトバイテを忘れると思う。来シーズンにはまた素晴らしい選手がやってくるだろうし、そうなれば、セティエンのプランにおいて、彼は今と同じだけのチャンスを得られない可能性がある」と予想した。