ファビアン・ルイスは2023年までナポリと契約しているが、彼の代理人であるアルバロ・トーレスによると、新契約の交渉はシーズンの終わりまで保留されている。

23歳のファビアンはレアル・マドリーやFCバルセロナなど、ヨーロッパの多くのクラブが関心を寄せている。

「現時点では、彼はナポリに集中している。彼らはアンチェロッティの解任含む変化に直面し、困難なシーズンを過ごしている」と代理人は語った。

「今のところ、シーズンの終わりまで契約の更新を保留している」と代理人は語っており、今季32試合に出場するファビアンの今後に注目が集まっている。

「多くのビッククラブが彼の状況について尋ねている。クラブにはそれを伝えている」と代理人は奥のクラブから関心を寄せていることを語った。

「しかし、今ファビアンはナポリのことを考えなければならない。彼はこの年代の最高の選手であり、ここで2シーズンを過ごしている」と最後に代理人は語った。