レアル・マドリーのセルビア人ストライカーが、海外からセルビアに入国した人に課せられる隔離措置を遵守しなかった為、「ルカ・ヨヴィッチ事件」は始まった。21日、ヨヴィッチは自身の振る舞いが適切ではなかったと認めている。

「法令を知らなかったのは私の過ちである。しかし、特に外国から来た人々のために、(隔離の)条件を明確に伝えることも重要だと思う。自分が招いた結果を受け入れる準備はできている」

22日、このヨヴィッチの声明に、彼の父親が加わった。父親は息子を弁護した。

「今、息子は犯罪者のようだ。彼が刑務所に入らなければならないのであれば、そうさせる。私は大統領と首相に従うが、それは彼が有罪である場合のみである。彼が間違っていた場合にのみ決定を支持するが、彼はベオグラードに来てアパートに入った。彼が楽しんでいることを示す写真(恋人とパーティーに参加していたと言われている)はスペインからのもので、数ヶ月前に撮影されたものだ。妊娠中のソフィア(恋人)は、アパートを離れられない。ルカは家族と一緒にいるためにセルビアに来た。家族は彼が来ることを知っていた。彼は常に財政的に、または何らかの形で自分の国を助ける用意ができている。批判は過剰だったと思う。理解されていないことがある。何が起こったか見るのが辛い」