アトレティコ・マドリ―のキャプテンであるコケ、およびレアル・マドリーのキャプテンであるセルヒオ・ラモス、ラージョ・バジェカーノの監督であるパコ・へメスは、マドリード市議会の最新ビデオに出演し、新型コロナウイルスのパンデミックに対する市民の協力を求めた。

ハッシュタグ#YoMeQuedoEnCasa(私は家に留まる)の下で、「現在の健康危機の間、家に留めるため」市議会は22日に意識向上キャンペーンを継続し、市民の協力を再度要求した。

「責任を持ち、家にいる時間だ。がんばろう、マドリード!」とコケはコメントし、「困難な時だが、私たちは共に団結し、乗り切ろう。がんばろう、マドリード!」とラモスはコメントした。
パコ・ヘメスは、「私たちがプレーしなければならないこの試合には色がない。YoMeQuedoEnCasa」と述べた。

市長のホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダは、予防措置としての隔離の重要性を強調している。

「今日は日曜日、今日はサッカーはありません。しかし、私たちは試合をしている。そこにはチームもファンも関係ない。私たちはスペイン、マドリードの1つのチームであり、私たちは1つのファンであるからです。そして、この試合をするスタジアムは私たちの家です。 家にいよう!」