リヴァプールは近年の移籍市場で最高の地位を築いているチームの1つである。現在交渉を狙っているのは、ラツィオの10番を背負うルイス・アルベルトである。

2013年から16年までリヴァプールに所属(14-15はマラガ、15-16はデポルティボへローン移籍)したルイス・アルベルトは、現代サッカー界で最も人気のある選手の一人である。その能力により、今夏に高額な移籍金でイタリアを離れることが可能だという事を示している。

リヴァプールのディレクターによると、2016年8月にラツィオへ移籍したアルベルトのオプションには、30%の買い戻し手数料が含まれているため、リヴァプールは今回の交渉を優位に進めることができるという。こうしてリヴァプールは4シーズン前には戦力に数えなかった27歳のMFの獲得を試みる。

ルイス・アルベルトは、今シーズンのセリエAで最高のプレーを披露しており、25試合で4ゴール12アシストを記録している。