モハメド・シソッコ氏は、彼の古巣リヴァプールとユヴェントスにおけるニュースをレビューした。『Europa Calcio.it』のインタビューで彼は、ジネディーヌ・ジダンの命令によって、サディオ・マネがレアル・マドリーにやってくると発言。ジダンが同選手を高く評価していることから、可能性があるという。

チャンピオンズリーグのラウンド16で、アトレティコによってリヴァプールが予期せぬ敗退をした後、アンフィールドではすでに来シーズンにおける選手変更の話がある。

そんな中、モハメド・シソッコは、サラーの去就の可能性について言及した。

「サラーがリヴァプールにとどまるかどうかはわからない。彼の去就はクラブにとって良いかもしれないからね。クラブはとても賢く、すでに彼なしでの戦略構想もわかっているだろう」

しかし、同氏はレアル・マドリーが彼に目をつけていないという。
「クラブはサディオ・マネをもっと見ていくと思う。ジダンが望む才能を持っており、彼に価値をおいている」

移籍に関して、彼はマンチェスター・ユナイテッドのフランス人MFポール・ポグバについても言及し、彼の古巣であるユヴェントス移籍を望んでいたという。

「ジダンが彼を望んでいることは知っているが、彼はユヴェントスに戻りたがっている。それに彼は2021年まで契約を結んでおり、ポールだけの判断によらない。彼にとって最高のレベルを取り戻すために、自分に価値を置いてくれるチームを見つけなければならない」

さらにモハメドは、世界を悩ませているコロナウイルスについて意見を述べている。彼にとって、現時点で懸念しているのは「サッカーではなく、この流行を打ち破る解決策を見つけることだ」と語った。

彼にとってユヴェントスは影響を受けたチームの1つであり、シソッコは「選手全員が健康である」ことを望んでいる。事実、今週パウロ・ディバラと彼のガールフレンドのコロナウイルスの陽性反応が確認されている。