『デビスカップby楽天ファイナルズ』はテニスラケットでトイレットペーパーを20回タッチする「#20touchchallenge」に参加するよう数人のテニス選手やアスリートにSNSなどで呼び掛けた。

サッカーに関するアンケートを実施。当選者にはスペシャルグッズをプレゼント!

FCバルセロナの選手であり、この大会の主催者であるジェラール・ピケやカレン・ハチャノフ、アンドレイ・ルブレフなどのテニス選手はこのチャレンジに既に成功している。

デビスカップは、テニス選手やファンにシーズン中断中に行えるスキルチャレンジを提案した。これは最近SNSに掲載されるリフティングやパデルのチャレンジに似ているものだ。

このチャレンジはデビスカップファイナルズのディレクターによって始まった。今のところはロシア人のカレン・ハチャノフ、アンドレイ・ルブレフ、ベルギー人のヤニック・メルテンス、ヨラン・ブリーゲン、アルベルト・コスタらが行った。

ジェラール・ピケはチャレンジに成功した後、現在のMotoGPの世界チャンピオンであるマルク・マルケス、元バルサのカルレス・プジョル、セスク・ファブレガス、セルビアのテニス選手ノヴァーク・ジョコビッチを指名した。

デビスカップは「新型コロナウイルスによって引き起こされた健康危機に直面し、自宅待機を命じられた人たちの気持ちを楽にするため」としている。

デビスカップby楽天ファイナルズは11月23日から29日にかけて、再びマドリードに戻ってくる。タイトルを守りたいスペインがグループAを筆頭で、ロシアとエクアドルがライバルだ。前回大会のファイナリストであるカナダはグループBに所属し、カザフスタンとスウェーデンと顔を合わせる。