1つの代表チームで最も多くの試合を指揮した監督になって、仕事が保証されていないことを想像してほしい。これは休暇中のウルグアイ代表監督であるオスカー・ワシントン・タバレスの状況であり、コロナウイルスによる不安定さが続く場合、このまま失業となってしまうかもしれない。

サッカーに関するアンケートを実施。当選者にはスペシャルグッズをプレゼント!

監督の状況は、彼が誰であろうと特別ではない。これは国内のすべての監督に適用される決定であり、クラブ、会長、および代表の重要なスタッフ間のテレビ会議で通知を受けている。つまり、監督たちはその他のスタッフと同じ状況である。

ウルグアイのクラブの最大の懸念は経済問題である。さらに、代表は、2020年の選手の休暇が延期されることを望んでいる。しかし問題は、一部の選手は休暇を延長することができない可能性があることである。サッカー界に存在する移籍や選出のために多くの選手がそれを満たしていないが、代表に所属するには、180日間「働く」必要がある。もちろん、すでに問題の解決に取り組んでいる。

そのため、FCバルセロナのルイス・スアレスは、監督がいないまま代表に参加する可能性がある。もちろん、コロナウイルスのパンデミックが終わったとき、タバレスがウルグアイの監督に戻るのに問題はないと見える。