ポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドはユヴェントスでの冒険を終わらせたいと考えているようだ。

サッカーに関するアンケートを実施。当選者にはスペシャルグッズをプレゼント!

ロナウドは2018年にラ・リーガのレアル・マドリーからセリエAのチャンピオンであるユヴェントスに移籍し、2シーズンが経っている。

『Diario GOL』によると、クリスティアーノ・ロナウドはユヴェントスを退団する場合、パリ・サンジェルマン(PSG)またはマンチェスター・ユナイテッドに加入したいと考えているようだ。

PSGは5回バロンドールを受賞しているロナウドをキリアン・エムバペと組ませたいと考えており、既にオファーを準備しているとも伝えられている。

また、ロナウドにとってかつてプレーしたユナイテッドからもオファーを受けているという。チャンピオンズリーグ出場権の有無にもよるが、35歳の同選手は古巣でかつての栄光の日々を取り戻したいと考えている。