バルサはスペインの若手との約束のために素早く、そしてうまく動いた。その選手は「ペドリ」としてよく知られるペドロ・ゴンサレスで、17歳にしてラス・パルマスのスタメンであり、スペイン代表にも選出されている。

アスルグラナは来夏にチームに組み込むことを考えてレンタルを行った。そしてバルサはすでにこのMFに、キケ・セティエン率いるファーストチームとのプレーシーズンで期待している旨を伝えている。

プレシーズン中にバルサとペドリは、彼らの将来について何が最良かを確認する。セティエンが彼がファーストチームでプレーする準備があると判断した場合。そしてもう一つは別のチームに移籍することが必要と考えられている場合だ。

2番目のオプションのときは既に動き出しているチームがある。それがアヤックスだ。オランダのチームは既にペドリに関心を示しており、過去数か月間彼を追っている。SDオーフェルマルスはペドリがオランダのチームで求められている能力に適合し、クラブの哲学にうまく合致できると考えている。

アヤックスだけが関心を寄せているチームではない。多くの関係者が尋ねてはいるが、リストのトップにいるのはアヤックスだ。バルサとアヤックスはフレンキー・デ・ヨングのオペレーションにみられるように良好な関係を築けているため、選手をオランダのチームに移す可能性を何度も調査している。リキ・プッチは最終的にバルサを選んだが、ユースチームでは夏にプッチの移籍についての話もあった。

結局のところ、全てはペドリとバルサがプレシーズンで出会ってみたときの気持ちに委ねられている。オプションが見当たらない場合はアヤックスへのレンタルにより彼のキャリアはさらに一歩先に進み、見つかった場合はチャンピオンズリーグでプレーするチームで前進し続けるだろう。