もう1つの美しい物語が始まった。中国の四川省出身のエスパニョールファンはコロナウイルスのパンデミックに陥っているスペインへの連帯を示した。

この物語のヒロインであるエスパニョールのファン、ゾンは2万枚のマスクを集めてカタルーニャの病院で配布するためにクラブに送った。ウーレイの契約は彼女をエスパニョールファンにするには十分だった。

ゾンはクラブの施設を見たり、女子サッカー選手と一緒に写真を撮ったりするためにバルセロナに旅行にも行った。今必要な衛生状況を踏まえ、彼女はスペインに2万枚のマスクをバルセロナの中国領事館を通じて送るだろう。1万枚ずつ2度の配送になる。

その箱の写真も象徴的だ。エスパニョールの選手たちが「1人で歩いているわけではない」というメッセージを出し、ゴールを祝っている姿が際立っている。

青と白のクラブはカタルーニャの様々な病院に6千枚のマスクを最近寄付した。