フランス人のCBダヨ・ウパメカノは自身が所属するRBライプツィヒに退団の意思を告げたようだ。同選手にはFCバルセロナが関心を示している。

彼は夏の移籍市場で目玉となる可能性が高い。21歳のウパメカノは3シーズンで100試合に出場したが、今は退団したいと考えている。

『ESPN』によると、ウパメカノは2021年までの現在の契約を満了までプレーするつもりはないようだ。彼は代理人に退団の意思を伝えたようで、移籍金は6,000万ユーロ(約72億5,600万円)になる。

バルサが同選手を狙っているが、トッテナム、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーのようなクラブも同選手に関心を持っている。