レアル・マドリーに所属するルカ・ヨヴィッチは次の移籍市場で退団する可能性が高い。監督ジネディーヌ・ジダンは今シーズン、セルビアのストライカーを重宝していない。

様々なクラブが彼の獲得に関心を示しているが、最新のクラブはチェルシーだ。監督フランク・ランパードはフランクフルトで活躍したヨヴィッチのレンタル移籍を狙っている。

ドルトムントのエルリング・ハーランドの獲得を目指すマドリーにとっては都合が良い移籍のなるかもしれない。

『The Sun』によると、ACミラン、トッテナム、ナポリがヨヴィッチに関心を持っているという。

ヨヴィッチはラ・リーガで391分間の出場、フル出場はわずか4試合となっている。フランクフルトから移籍後は持ち味を出せずにいる。