アンドレス・イニエスタは、楽天がスポンサーとなりバルサの『Youtube』チャンネルで放送されたビデオ通話の主人公となった。トークでは、フエンテアルビジャ出身のサッカー選手の人生を語るドキュメンタリー "意外なヒーロー"について紹介している。

彼のサッカー人生で出会った多くの仲間たちや、他の多くの主人公が登場する。

そのうちの一人、イヴァン・ラキティッチは、ラ・マシアはアンドレス・イニエスタの名を冠するべきだと断言する。クロアチアの国際的な選手は、クラブ全体の哲学にその名を与えた象徴的な建物が、この哲学の偉大な推進者の一人であるオリオル・トルトの名前を冠していることを知らないだろう。いずれにしても、バルサにとってアンドレス・イニエスタという人物が意味する全てのことを表現するラキティッチのやり方である。

さらに選手自身もそのアイデアに対しお世辞を言っており、彼はそのようになってほしいと思っていることを否定しない。 

「それが私の全てであり、それを象徴するものだからそうなってほしいと思う」とライブトーク中にイニエスタは語っていた。

しかしながら「バルサの中でラ・マシアについて話をすることは大きな話だ」とも理解している。そして、その意味では「一方でそのことを望んでいないよ。なぜなら同じく重要な非常にたくさんの選手たち、人たちが今までこのクラブにはいたからね」と理解している。そのため、「難しい状況だと思うけど、それに僕の名前が結びつくのを見ることは喜びになるだろう。生涯のものになるからね」とコメントした。

イニエスタはラ・マシアで「速いペースで成長し、成熟した。とても多くの仲間たち、料理人たちを覚えている。あなたの能力、欠点と一緒に少しずつ個性を確立していくんだ。僕が大好きで失わないように心がけている価値観である団結心、謙虚さ、そして尊敬と仲間意識を得たんだ」と思い出した。