FCバルセロナのラウタロ・マルティネスへの関心は誰もが知っていることだが、インテルはこの移籍に抵抗しており、それを貫く場合はバルサが高額の費用をかけて獲得へ臨むだろう。

選手自身はカンプ・ノウに移籍することにとても熱心であり、そこで彼はアルゼンチン代表でチームメイトのレオ・メッシと合流することになる。

それについて元バルサでアルゼンチン人のハビエル・サビオラが『Gazzetta dello Sport』に語っている。

「ラウタロはバルセロナで役に立つかもしれない」と彼は語った。「正直なところ、彼は役に立つかもしれないが、メッシやスアレスのようなスター選手と並ぶ意味を私たちは知っている。彼らとプレーするのは簡単ではない」と続けて語った。

その意味でサビオラはパウロ・ディバラがメッシと一緒に代表でプレーしてきた問題を指摘した。

「彼はメッシと一緒にプレーすることは難しいと言った。自分のリズムを維持するために一段階レベルが上がった集中が必要になると彼は言っており、私もその通りだと思う」と彼は言った。

「簡単に聞こえるが、体現するのは簡単ではない」と最後にサビオラは語った。