アヤックスのGKアンドレ・オナナは、オランダでの時間が終わりに向かっていると示唆した。これは彼が言ったコメントから推測できるものである。

オランダの日刊紙『Algemeen Dagblad』へのインタビューで、彼は自分の将来について明確に述べている。「私はアヤックスに満足していて、クラブに感謝している。ここで5年間、素晴らしい時間を過ごした」

「しかし、私は前進しなければならないと思っている。何が起こるかは分からないが、私には高い志がある」と続けて語った。

カメルーンのGKはFCバルセロナの獲得候補に挙がっている。彼はラ・マシアに加入した後、アヤックスに移籍した。そこでファーストチームでプレーし、現在では正GKとなった。

彼がバルサを退団した後、彼には明確な道がなかった。しかし、彼のオランダでチャンピオンズリーグを経験し、今では前進する準備ができている。