FCバルセロナ所属のMFアルダ・トゥランはトルコに焦点を当てている。彼のガラタサライ移籍の可能性は、同選手と一部のトルコ王者ファンとの関係から、様々なメディアで「爆弾」と評されている。

多くの拒否の後、ガラタサライの会長ムスタファ・ジェンギズがアルダ・トゥランへの扉を開いているようだが、それは選手と友人関係でもある監督ファティ・テリムの介入が大きい。

新型コロナウイルスの大流行に悩まされてきたテリムは、ソーシャルネットワークを介したインタビューの中で、ガラタサライとの契約を無償で行う意思を見せているアルダ・トゥランを迎えることに意欲を示している。

トゥランはバルセロナとの契約が今年6月に終了する。テリムは選手と頻繁にコンタクトを取っていることも明かしている。

したがってアルダ・トゥラン(33歳)の次のステップは、サインに最も反対するファンがいるのにかかわらず、ガラタサライに加わることのように思える。アルダは、過去の愚行を改心し、その経験とクラブの未来をつなぐ架け橋のような存在になれるだろうか。