FCバルセロナの監督キケ・セティエンは伊紙『La Gazzetta dello Sport』のインタビューで、MFアルトゥール・メロの状況について言及し、今夏にカンプ・ノウを去る可能性を否定した。

セティエンがインテル・ミラノのストライカー、ラウタロ・マルティネスに称賛を送ったインタビューの中で、アルトゥールはバルサのシステムとプレースタイルにフィットした選手であり、スカッドの中で重要な選手になっていると述べている。

バルセロナの監督は、インテルやユヴェントスからの関心についてコメントしている。このオペレーションでは、ユヴェントスMFミラレム・ピャニッチとアルトゥールのトレード説が囁かれていたが、セティエンはこの件を否定した。
「(バルサの)会長とはよく話をしているし、誰からも何も言われていない」

アルトゥール自身は他のチームの関心に感謝したが、ブラウグラナとして継続することを希望している。セティエンもそれを反映し、「アルトゥールはすでに2度もバルサに残りたいと言っているし、私もそれを完全に理解している。私が彼だったら、同じことを考えるだろう。私はこのようなチームで、世界で最高の選手たちといるとね」とバルサの監督は強調している。

トレードの可能性は否定したものの、キケ・セティエンはピャニッチを高く評価している。「彼は別の優れた選手だが、瞬間的にリンクされた事柄を話すべきではない。今は市場について話すことは危険である」

キケは、大多数のクラブが「予算を再調整しなければならないだろう」と振り返った。「最近の選手に支払われたような多額の動きは、少なくとも短期的にはもう無理だろう。また、退団したいと思っていても、お金がないからできないという選手も出てくるだろう」と分析している。

セティエンは「私ももっと稼ぎたいが、それはできないだろう。予算が減れば給料を調整しなければならないだろう、これが現実だ」と冗談を交えながらも冷静に話した。

サッカーは年々飛躍的に成長したバブルの中で生きている。1ヶ月半の危機は、多くのクラブの経済を圧迫するのに十分だった。

キケ・セティエンは、ナポリのMFファビアン・ルイスについても聞かれた。U-21欧州選手権で優勝したスペイン人選手と同監督はベティスで共に働き、大いに気に入っている選手の一人だ。

「ファビアンとは1年半ほど一緒にいたが、彼は並外れたレベルの偉大な選手で、非常に大きな可能性を持っていた。それをすぐに引き出し、示すには十分だった。彼は私と一緒で快適だった」とセティエンは説明した。