インテルでジョゼ・モウリーニョのアシスタントコーチを務めていたポルトガル人のジョゼ・モライス氏はオンライン上のインタビューでFCバルセロナのレオ・メッシについてコメントを残した。

同氏はメッシのインテル移籍の可能性があることを言及した。
「可能性はあると思う。なぜなら、インテルにはサネッティ(副会長)がいて、彼はアルゼンチンの選手にとって魅力的な存在だからね。サネッティはメッシのような選手を引き付ける能力があると思う。万が一別のチャレンジを考えた場合、メッシにとって、インテルに行くことはほとんど家に帰るようなものだと思う」

このようにモライス氏はあくまで仮説であるもの、アルゼンチンのレジェンドであるサネッティの存在は、メッシを説得する鍵だと考えているようだ。

「インテルはアルゼンチンの選手を特に歓迎しているチームで、それはサネッティの存在によるものだろう。インテルに行くアルゼンチン人選手はみんなインテルで良いプレーをして、クラブに成功をもたらしている。メッシはそういう選手の一人になり得ると思う」