この夏、FCバルセロナはミラレム・ピャニッチを獲得する可能性が高いようだ。

セルヒオ・ブスケツとフレンキー・デ・ヨングに加えて、アルトゥールは残留するとみられており、ボスニア人MFはおそらくイヴァン・ラキティッチやアルトゥーロ・ビダルの代わりとなるだろう。

ピャニッチはラキティッチのプレースタイルに類似しており、監督キケ・セティエンが求めるスキルを持っている。

ローマから加入して以来、ピャニッチはユヴェントスの中盤の頭脳であり、戦術的な理解と知性を示している。30歳のMFは正確なパスを持っており、現在のバルサのMFよりも広い範囲のパスを出せるだろう。

さらに彼は怪我で試合を欠場することはほとんどなく、一貫して試合に出場しており、それも印象的である。セットプレーのキッカーも務められるが、バルサではレオ・メッシが務めている。