インテル・ミラノ所属DFディエゴ・ゴディンは、推測されていたワンダ・メトロポリターノに復帰するというオプションを除外し、2022年6月までの契約が切れるまでインテル・ミラノに残るという意思を表明した。

ウルグアイのセンターバックは、アントニオ・コンテの下で快適に過ごしているが、彼がキャリアの中で「最高」と表現するのは赤と白の時代である。

「アトレティコでのキャリアは、少なくとも今まではスポーツ人生の中で最高の時間だった。しかし、アトレティコの選手としての私の時間は終わった。ページをめくり、インテルで新しい体験をしている。今までとは違う経験をして、成長して、新しいことを学んでいる。選手としてアトレティコには戻らないよ。別の役で見てみよう。そして、私は間違いなく永遠にアトレティコ・マドリーのファンであり続けるだろう」とウルグアイ人は『Marca』のインタビューで語っている。

34歳のセンターバックは、ディエゴ・シメオネの仕事ぶりに100%共感して称賛を送る。彼のキャリアの中で最も美しく重要なゴールとして、2013-14シーズンのカンプ・ノウでの最終節バルセロナ戦で、アトレティコがへラルド・マルティーノのチームを相手にリーグタイトルを獲得することを可能にしたゴールを選んだ。