パリ・サンジェルマン(PSG)の若きストライカーであるキリアン・エムバペはこのクラブでの契約更新を考えているようだ。

1年前、フランス人FWはより多くの責任をクラブに求めた。そして、PSGを退団することを示唆していた。レアル・マドリーの移籍が良く報道されていたが、現在では違う可能性もあるようだ。

現在、マドリーは彼の獲得を控えめにしている。そして、フランス紙『L’Equipe』によると、エムバペがパリでの契約延長を真剣に検討しているという。

エムバペのPSGとの契約は2022年に満了を迎え、クラブから退団する場合は一方向のみとみなされている。マドリーへの移籍は契約を更新しないことが望みとなっている。

リーグ・アンで最も得点を奪っているエムバペは、モナコから加入して以来、パリで最も優れた選手の一人となっている。

彼は2年前に生まれた街に戻って幸せだと感じているようだ。親友の近くにいて、今は環境の変化は必要ないと考えている。

PSGは今後数週間以内に新しい契約について、エムバペと話し合うことを望んでおり、クラブにとって残留は最も嬉しい知らせとなるだろう。