リヴァプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガーは欧州チャンピオンズリーグ(CL)のベストイレブンを選んだ。この11人はいくつかの決まり事の上で選出された。

今回、キャラガーは1992/1993シーズンに正式にチャンピオンズリーグになった時から、優勝したチームの選手で11人の選手を選出した。

さらに、選出のルールは細かくなっており、各優勝クラブから1選手のみを選択。さらに1国籍で1選手のみとする。ただ、複数のクラブでプレーした選手は除外している。

1992/1993シーズン以降、13のクラブがCLを制覇しており、そこから選手が選ばれる。マルセイユ、ACミラン、アヤックス、ユヴェントス、ボルシア・ドルトムント、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘン、FCポルト、リヴァプール、FCバルセロナ、インテル、チェルシーから選出される。監督も同様だ。

キャラガーが選出したベストイレブンは以下の通り

■GK
ペトル・チェフ(チェルシー/チェコ)

■DF
モレノ・トリチェッリ(ユヴェントス/イタリア)
ユルゲン・コーラー(ドルトムント/ドイツ)
フェルナンド・イエロ(レアル・マドリー/スペイン)
ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン/オーストリア)

■MF
スティーブン・ジェラード(リヴァプール/イングランド)
ディディエ・デシャン(マルセイユ/フランス)
クラレンス・セードルフ(アヤックス/オランダ)
カカ(ミラン/ブラジル)

■FW
サミュエル・エトー(インテル/カメルーン)
レオ・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)

控え:デコ(FCポルト/ポルトガル)

監督:アレックス・ファーガソン