2019/2020コパ・デル・レイ決勝は、アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダのバスクダービーであり、特別な試合になるはずだった。

しかし、コロナウイルスのパンデミックにより、4月18日に行われるはずだった決勝戦は延期となっている。また、この試合は無観客で行われる可能性が高かった。

コパ・デル・レイの優勝者はヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得できるため、来季のUEFAの大会が始まるまでに終了させる必要がある。そのため、スタンドにファンが入るのは難しいように見えた。

しかし、決勝がサポーターの前でプレーできるように、2つのクラブは一緒になって待つ用意があることを主張した。

「アスレティックの会長とレアル・ソシエダの会長は決勝戦をファンと一緒にプレーできるようにスペインのサッカー連盟に要請することに同意した」とクラブの共同声明は説明した。

「両クラブの望みは、常にファンと共に決勝戦をプレーすることである」と強調した。

クラブはまた、たとえカレンダー上で通常とは異なる日に開催されたとしても、この試合が公式タイトルとしてみなされることの保証も求めた。