レアル・マドリーは選手を獲得する前に売却しなければならないことを知って、移籍期間を調べている。彼らは37選手を抱えており、ローンに多くの選手を出している。

マドリーはフランス人のMFエドゥアルド・カマヴィンガとノルウェー人のFWエルリング・ハーランドを望んでいるが、どちらを獲得するにも選手を放出しなくてはならない。

コロナウイルスのは経済に大きな影響を及ぼしており、天文学的な費用での獲得はないだろう。しかし、マドリーは多くのクラブよりは裕福である。

彼らは昨夏、ガレス・ベイルとハメス・ロドリゲスの売却を試みたが、それは実現しなかった。そして、マドリーは最近ロドリゴ・ゴエスやヴィニシウス・ジュニオールのような若者との契約に焦点を当ててきた。

カマヴィンガはカゼミロのバックアップとして候補に挙がっている。そして、ハーランドは新しいNO.9となるだろう。