インテルの元会長であるマッシモ・モラッティは、レオ・メッシがイタリアのクラブでプレーする夢を捨ててはいない。

今回の『La Gazzetta dello Sport』のインタビューで、モラッティはFCバルセロナのスターがサン・シーロでプレーするのを見たいという願望を明かした。

ラウタロ・マルティネスにバルサが関心を示していることについて尋ねられた時、彼は「ラウタロが去るなる場合、代役がメッシなら受け入れるだろう」と語った。

しかし、メッシ獲得は不可能に近いため、もう一人候補を挙げた。「メッシが不可能の場合は、ディバラも彼(ラウタロ)の代わりとなる良い選手だ」