ルイス・スアレスは4ヶ月間の離脱を余儀なくされた右膝の手術から117日間が経過した。復帰までの時間は終わりを迎えようとしており、新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断は、ウルグアイ人FWの今季中の復帰を可能にする。

リーガは11試合残っており、バルサにはチャンピオンズリーグもある。しかし、ルイス・スアレスが明日からでも試合に出られるのか?答えは「いいえ」だ。

チームメイトと同様、スアレスは6日にシウタ・エスポルティバでコロナウイスルのPCR検査を受けた。彼は近日中に膝の状態を確認するための精密検査を受けると思われる。

ただ、スアレスは8日から再開されるジョアン・ガンペールでの個別トレーニングにはまだ参加できない。彼はこれから1週間、理学療法士のフアンホ・ブラウと膝への負荷を強める特別メニューを行う。この最終チェックをクリアすれば、ルイス・スアレスはピッチに戻ってくる。