オランダの歴史的なGKエドウィン・ファン・デル・サールは、1999年から2001年までユヴェントスでジネディーヌ・ジダンとチームメイトだった。

現在アヤックスの最高経営責任者(CEO)として活躍している同氏は、オランダのスポーツチャンネル『Ziggo Sport』の番組『Entre Polos』にゲスト出演し、ラ・ヴェッキア・シニョーラでドレッシングルームを共有したレアル・マドリーの現監督との思い出を語った。

「彼は口下手だった。当時は英語が苦手で、フランス語かイタリア語しか話せなかったので大変だった。でも、ボール扱いは素晴らしかった。空中に浮いたボールでも常にどのようにプレーするのか全て分かっていた」とカルチョを牽引したジダンの能力を強調する。

ファン・デル・サールは、ジダンの出で立ちは他の選手と一線を画したという。

「ある日、彼はジーンズに白のリーバイスシャツ、白のアディダスを履いてフィアットでトレーニングに来た。他にもフェラーリで来たこともあった。ドルチェ&ガッバーナ、ヴェルサーチと、他の選手とは全く違っていた」

1998年にバロンドールを獲得しているフランス人は、W杯での2度を含むキャリア通算13枚のレッドカードを受けているが、彼にはその“熱”が欠かせないとオランダのGKは言う。

「もちろん彼にはダークサイドがあり、そのためのレッドカードもいくつか見られたが、ボールには非常にソフトだった。彼にそこまでの負けん気がなければ、あれほど優雅にもなれなかった」

ファン・デル・サールは2001年にユヴェントスからフルハムに移籍し、その後マンチェスター・ユナイテッドでも一時代を築いた。ジダンは2002年にレアル・マドリーに移籍した。