ルイス・スアレスは4ヶ月の休養を余儀なくされた膝の手術から117日が経つ。今日、この予測されていた期間がほぼ終わり、完全に回復した。ウルグアイ人プレーヤーはリハビリの大部分をこの外出禁止期間中に行い、当初予想されていた試合より多くの試合でプレーできることになるだろう(リーグ戦11試合とチャンピオンズリーグの試合)。しかし、ルイス・スアレスは明日のサッカーの試合に出場できるのか?それは絶対にできない。

他のチームメートたちと同様にこのアタッカーは昨日、コロナウィルスの保菌者だったかどうかを調べるためのPCR検査を受けるためにシウタット・エスポルティバにて行った。

その後、監禁されていたため今まで受けることができなかった膝の状態を確認するためのメディカルチェックをいくつか受けるのではないかと言われていた。しかし、ルイス・スアレスは全体練習に合流する前に、フィジカルトレーナーのフアンホ・ブラウと共に膝に負荷をかけていくトレーニングを1週間個別で行う必要があるため、昨日シウタット・エスポルティバでこれらの検査を受けなかった。

ほぼ2ヶ月間の中断の後、チームメートがピッチに再適応するための特別なトレーニングを行っている間、ルイス・スアレスはこのタイプの手術の後、家の中ではできなかった通常の過程を今踏んでいくことになる。そして全体練習に合流する前にこの調整を行わなければならないだろう。

したがって、復帰許可は今でも今週中でもなく、ドクターがスアレスを診察し、グループ練習に合流するための青信号を彼に出して全てが予想通りにいったとき、フィジカルトレーナーが彼に与える全てのテストに膝が耐えられるということをピッチ上で確認した後に下りるだろう。