FCバルセロナは、8日(金)からラ・リーガによるプロトコルに従って個別にトレーニングを再開することになる。再開に向けたトレーニングは、シウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールで9:30からの予定であり、ティト・ビラノバ・グランド、グランド2、グランド3を利用して、保健当局が求める各選手間の十分な距離を確保してトレーニングが行われることになる。

選手達は、トレーニングウェアを着た状態で自宅から施設へ向かうことでトレーニング場に直接入ることができるようになり、トレーニングが終わった際もロッカールームに立ち寄ることなくそのまま各自の帰路につくことになる。

なお、『RAC 1』の報道によれば、6日(水)、事前の行われた鼻と口から粘膜を抽出して行う新型コロナウイルスPCR検査と血液検査において、幸いにも全選手が陰性の結果だったということである。

これにより、誰1人として来る2週間で隔離される必要はなく、再開に向けたトレーニングに全員が参加することになる。