FCバルセロナはロナルド・アラウホを4番目のセンターバックとしてファーストチームに迎える覚悟がある。ブラウグラナはウルグアイのCBに賭けており、同選手がスペインでの3年間の居住を完了させる8月には、スペイン国籍の取得も視野に入れている。

現在バルセロナではEU圏外枠をアルトゥーロ・ビダルとアルトゥールに使っており、残りは1枠である。この夏ラウタロ・マルティネスをインテルから獲得した場合、アラウホのスペイン国籍取得は大きなメリットとなる。

アラウホは今シーズン、10月6日のセビージャ戦でリーガデビューを果たした。同時に14分間で退場という苦い経験もしたが、バルサはトディボに出口(シャルケにレンタル)を与え、アラウホに賭けている。ファーストチームに何度も招集されおり、クラブは彼の飛躍に自信を持っている。