レアル・マドリー所属のセルビア人ストライカー、ルカ・ヨヴィッチが右足かかとを骨折していることが確認された。彼は今季の残りシーズンを欠場する可能性がある。

レアル・マドリーは8日(金)、ヨヴィッチのメディカルレポートを公表。詳しい離脱期間は明かされていないが、来週月曜日からの個別トレーニングには参加できない。

マドリーは、「本日(8日)、レアル・マドリーのメディカルサービスが実施した検査の結果、ルカ・ヨヴィッチは右足踵骨の関節外骨折と診断されました」と発表している。

セルビア代表FWは自宅でのトレーニング中に負傷したようで、6日にバルデベバスで行われた検査で骨折が確認された。彼は活動休止期間を過ごすためセルビアに帰国したが、ガールフレンドの誕生日を祝うために隔離措置を破ったとして自国警察の厄介になるなど物議を醸した。

ヨヴィッチは今週はじめにマドリードに戻っていたが、今回、骨折が判明。回復には数週間必要と見られ、プレシーズンの準備に遅れがでることになる。