バングラデシュでサポーター集団がFCバルセロナのレオ・メッシの誕生日(6月24日で33歳)を祝ったものの、パーティーが新型コロナウイルスの感染を防ぐ健康ガイドラインに違反していたため、罰金が科されたようだ。

警察当局は首都ダッカから西に約170km離れたチュアダンガ地区のレストランに集まった15人に対して、100タカ(126円)の罰金を命じたという。
「レストランでメッシの誕生日をお祝いしているのを発見した」

報告によるとサポーターのほとんどが未成年者だったようで、閉鎖されたエリアでソーシャルディスタンスに従っていないために罰せられたようだ。
また、レストラン側にも6000タカ(7,500円)の罰金が科されている。

なお、バングラデシュでは5月30日に国家的な閉鎖を解除した後、現在までに1,621人の死亡者を含む126,606人の感染者を記録しているため、局地的な封鎖を行っている。

サッカーは、バングラデシュでは人気のあるスポーツであり、メッシは国内でも多くの支持を得ている選手の一人である。