元マンチェスター・ユナイテッドの選手であるディミタール・ベルバトフ氏がアンバサダーを務める『Betfair』のインタビューで、リヴァプールの30年ぶりとなる国内トップリーグのタイトル獲得によって、レッドデビルズがこれまでに築いてきた遺産が崩れていくことを危惧している。

「プレミアリーグのタイトル数でリヴァプールにタイアップを許してしまったら、我々(ユナイテッド)には問題がある」と指摘する。

「リヴァプールがここまで支配できるとは思わなかったよ、本当に。私がユナイテッドでプレーしていた時、我々のクラブの輝かしい記録は永遠に続くと思っていたが...今リヴァプールが再びユナイテッドの記録に危険なほど近づいている」とベルバトフは、オールド・トラッフォードのクラブがこれまで手にした国内リーグ20個のタイトルに対して、アンフィールドのクラブが19個目を獲得したことに言及した。

「プレミアシップを制覇したリヴァプールは、ライバルを倒し続ける野心を持って臨むだろう、今の選手たちはリヴァプールの成長を阻止するために全力を尽くさなければならない」とベルバトフは続ける。

「彼らは努力しなければならないし、ゲームの質を上げなければならない。リヴァプールは私たちが時間を要して得た台座を奪うことはできない。今はそれが我々のものだと考えるべきだ」と、ベルバトフは1992年からプレミアリーグに名称変更してから13回の優勝経験を持つユナイテッドの優位性を主張した。彼は2008年から加入したユナイテッドで2度のリーグ制覇を経験した。

いずれにしても、ベルバトフはリヴァプールを称賛する言葉を残していた。「バルセロナを思い出すよ、あの非常に高いラインでプレッシャーをかけていた時をね。彼らがボールを奪われた途端に...バン!純粋なティキ・タカで、クロップの色も入っている」

このように元ブルガリア代表ストライカーは、プレースタイルを高く評価し、「ユナイテッドはこのリヴァプールから多くのことを学ぶべきだ」と主張した。