27日、ラ・リーガ第32節アスレティック・ビルバオ対マジョルカが行われ、同一戦はビルバオが3-1で勝利した。

サン・マメスで行われた試合は16分に動く。
カウンターからビルバオが攻めると、ラウール・ガルシアがラゴ・ジュニオールと接触してペナルティエリア内で倒されたことで、PKを獲得。これをラウール・ガルシアが冷静に決めて、ホームチームが先制に成功した。(1-0)

勢いに乗るビルバオは数分で点差を離す。
24分、変化をつけたショートコーナーからウナイ・ロペスのグラウンダーのクロスにオイアン・サンセットが右足で合わせて追加点をマークした。(2-0)

一方マジョルカはダニ・ロドリゲスやクチョ・エルナンデス、サルバ・セビルがシュートを狙うもゴールは奪えず。前半はこのまま終了した。

後半序盤も中々攻めきれないアウェイチームだったが、69分に1点を返す。
右サイドでタメをつくった久保からパスを受けたトライコフスキがペナルティエリア内でファールを受けてPKを獲得。
これをブディミルが決めて、スコアは2-1に。

その後も久保の仕掛けからダニ・ロドリゲスが惜しいシュートを放つなど、マジョルカはチャンスをつくる。

しかし、90分、ビルバオが再び2点差にする。カウンターから左サイドを崩すと、最後は中でビジャリブレが流し込んで、ダメ押し弾をマークした。(3-1)

結局、ゲームはこのまま終了し、ヨーロッパリーグ出場を目指すビルバオが3-1で勝利。残留争いが続くマジョルカは再開後から未勝利が続いている。

注目の久保建英は先発フル出場。PKに絡むプレーを見せたものの、ビルバオの固い組織的な守備に苦戦を強いられた。

【ビルバオのメンバー】
■GK
ウナイ・シモン

■DF
アンデル・カパ
イェライ・アルバレス
イニゴ・マルティネス
ユーリ・ベルチチェ

■MF
ダニ・ガルシア
ウナイ・ロペス(ミケル・ヴェスガ)
ラウール・ガルシア(ケナン・コドロ)
オイアン・サンセット(ビジャリブレ)
ムニアイン(コルドバ)

■FW
イニャキ・ウィリアムズ(オスカル・デ・マルコス)


【マジョルカのメンバー】
■GK
マノロ・レイナ

■DF
アレハンドロ・ポゾ
ライージョ
ヴァルイェント(フラン・ガメス)
セドラル

■MF
イドリス・ババ(ブディミル)
サルバ・セビル
ラゴ・ジュニオール(トライコフスキ)
ダニ・ロドリゲス

■FW
久保建英
クチョ・エルナンデス(アブドン・プラツ)