バルサBは若き才能との契約更新を発表した。 SPORTが数ヶ月前からアナウンスしていたように、コンラッド・デ・ラ・フエンテの契約更新は決定的なもので、正式に発表されるのを待っているだけだった。

そしてこの日曜日、バルサBの監督、グザビエ・ヴィラジョアナとクラブのSD、エリック・アビダルの立会いのもと、ヨハン・クライフスタジアムの中で契約更新が発表された。2022 年まで契約を結び、5000万ドルの条項があり、トップに昇格すれば2倍になるという。

そしてコンラッド・デ・ラ・フエンテも「私の夢は、トップチームでプレーすることです」とはっきりと言い切った。

2001年生まれの18歳。ハイチにルーツを持つアメリカ生まれの選手で10歳からスペインに住んでいるコンラッドは、「世界最高のクラブでプレーし続けることができて、とても幸せ」と語り、「トップチームでプレーすることが私の夢なので、それを達成するためにここに残りたいと思っている」今週にも彼以外にバルサBの選手らとの更新が噂されている。