今週火曜日、トルコ人MFアルダ・トゥランの5年間に及ぶFCバルセロナ在籍期間が正式に終了する。トルコ人MFはカンプノウを後にする。

アルダ・トゥランは多くの論争に巻き込まれ、スポーツパフォーマンスよりもオフ・ザ・ピッチでのパフォーマンスの方で注目を集めた。

以前トルコメディア『LIGA Blatt』でバルサでの日々を振り返った彼はバルセロナでの経験を後悔していないようだが、「バルセロナを去る時は悲しくなかった。失敗と言ってもおかしくなかったが、(エルネスト・)バルベルデは1分もプレーさせてくれなかった。前シーズン(16-17シーズン)、メッシ、スアレスに次いで最も多くのアシストを与えていたのは俺だった」とトルコ人MFは自分を正当化した。

様々な法律問題を抱え、さらには自国の人気歌手バーケイ・サヒンと喧嘩をして鼻を骨折した後には、所持していた銃で発砲事件を起こすなど、様々な陰のある事件にまで巻き込まれた。アルダ・トゥランは結局、この件で2年8ヶ月の実刑判決を受けたが、現在は執行猶予中である。