ジネディーヌ・ジダンの我慢の限界を超え、フランス人監督はガレス・ベイルの退団を望んでいると『El Chiringuito』が伝えた。

【告知】スポルトとファンの皆様交流の場。7月よりフットサル交流会の開催決定!詳細はコチラ

レアル・マドリーのファンは既に彼にはうんざりしていが、フランス人監督も同様だ。ジダンはベイルの受け身の態度が気に入らないという。

彼はエイバル戦で途中出場し、30分間プレーしたが、あまりにも低調なプレーを見せた。この悪い態度は、トレーニング中にマスクをつけずに笑っている姿や、トレーニング中にとったゴルフのポーズを見られたときに、再び表れてしまっている。

そして、ジダン監督はリーグ戦再開後5試合で3試合起用していない。彼はベイルが100%の状態であれば頼りにするだろうが、そうではないと考えている。

問題は、ベイルが年俸1,500万ユーロ(約18億円)という高額な賃金を得ていることで、移籍を困難にさせている。