元リヴァプールの選手であるアンドレ・ウィズダムが暴力団によるナイフ強盗の被害者となり、頭とお尻に暴行を受け怪我を負った。事件は午前4時30分、元リヴァプールの選手が自分の車に向かっている時に、フードを被った4人の男が彼を襲ったようだ。

【告知】スポルトとファンの皆様交流の場。7月よりフットサル交流会の開催決定!詳細はコチラ

当局は今日、家族を訪問していたアンドレ・ウィズダムがリヴァプールに近いトクステスにいたことを明らかにした。「調査はまだ最初の段階にあるため、この事件についての情報を持っている全ての市民にすぐに警察とコンタクトを取れるよう呼びかけている」事件を担当した巡査部長のリッチー・シリトは、強盗犯を見つけるためにあらゆる事実を法執行機関に報告する責任を負うように、目撃者に訴えている。

長年所属していたクラブは、アンドレ・ウィズダムについて「重傷を負って入院し、重症の範囲内で安定した状態を保っている。警察が事実関係を調査中のため、我々は彼と彼の家族へのサポートに専念する」と語った。