ここ数ヶ月、エドゥアルド・カマヴィンガの名前がレアル・マドリーと結びついている。まだ17歳の若きレンヌのMFは、リーグ・アンで名を轟かせた一人である。

【告知】スポルトとファンの皆様交流の場。7月よりフットサル交流会の開催決定!詳細はコチラ

彼に興味を示したクラブはいくつか存在する。その中でも、ジダンが指揮を執るレアル・マドリーは、彼に注目を寄せていた。 数週間前からレアル・マドリーの移籍が関心が噂されていたが、レンヌの新しいスポーツディレクター、フロリアン・モーリスは、そのことについて断言している。

「私にとって、この選手が来季も我々のプロジェクトの一部であり続けなければならないことは明らかだ」と語った。「とても良い選手で、スーパーな才能を持っている」モーリスはさらに「100万ドルのオファーがレアル・マドリーから来ても、売却を破棄した。 どんな金額を提示されてもだ。彼がレンヌで成長し続けるように、我々は彼と一緒に続けていきたい」と語った。