アレクシス・サンチェスの将来は、インテルと彼の所属クラブであるマンチェスター・ユナイテッドが同選手について交渉中だが、まだ不透明な部分が多い。

31歳のサンチェスは今シーズン、セリエAのクラブでレンタル生活を送っている。怪我に苦しんだチリ人アタッカーは、FCバルセロナやアーセナル時代に定期的に見せていた輝きを常に見せられていない。

彼は現在、8月2日に終了するセリエAのシーズン終了までインテルに残ることになっている。また、インテルは8月10日から21日の間にドイツで開催されるヨーロッパリーグを残しており、ラウンド16のヘタフェ戦を控えている。

そして、イタリアのクラブはサンチェスをこの大会のために、そして行く行くは買い取りたいと考えているが、『The Athletic』によると、問題はFIFAの抜け穴によって複雑になっているという。

ルールによると、レンタル選手はそのチームでシーズンを終えることが望ましいとされている。しかし、これは国内シーズンに限ったことであり、ユナイテッドにはセリエAが終了するとすぐにサンチェスを呼び戻す権利を持っていることを意味している。

しかし、インテルは、彼を長期滞在させるようにユナイテッドを説得することができると確信している。なぜなら、ユナイテッドがサンチェスの給料を下げようと躍起になっていることは周知の事実であり、インテルを潜在的な買い手と見なしているからだ。

ユナイテッドでの天文学的な賃金を考えると、完全移籍に合意できるかどうかもわからないが、ほぼ間違いなく大幅な減給を受けなければならないだろう。

もし、レッドデビルがサンチェスをヨーロッパリーグでプレーさせなければ、この2つのクラブの関係は悪化する可能性がある。また、サンチェスが現在どの程度のレベルの選手なのかを知る機会にもなるだろうし、オールド・トラッフォードで再びチャンスを与えるかどうかを決めることもできるだろう。

一つ確かなことは、彼の将来がどうなるのか、まだ誰も正確には知らないということだ。それはサンチェスが見せる良いパフォーマンスを継続できるか、また自分自身がチームに必要かを証明しようとするかどうかにかかっている。