ペドリが故郷のテゲステ(テネリフェ)でSPORTのインタビューに応じたことは、ドイツのスポーツ紙で大きく報道された。

ボルシア・メンヒェングラートバッハとバイエルン・ミュンヘンの両方からレンタル移籍のオファーが来ているFCバルセロナの若き才能に一層の注目が集まっている。

ペドリは両クラブからの興味をSPORTに認めた。「ドイツのトップクラブから非常に興味深いオファーがあった。バルサもそれに気づいている。これらのクラブは、私がそこで重要な役割を果たし、経験を積むことができると考えている」と語った。

土曜日、日曜日、そして月曜日を通して、ドイツの複数のメディアがペドリの言葉を取り上げ、ブンデスリーガへの移籍の選択肢に言及している。ドイツでは、両方のクラブは、現時点では、長期間でのレンタルをオファーし、バルサを説得しようとしているようだ。