昨年5月、FCバルセロナはCBハビエル・ムブヤンバに契約を延長しないことを告げた。ユースのAチームでプレーしていたこのオランダ人は期待に応えられず、クラブはバルサBへの昇格の準備ができているようには思わなかった。

フリーとなった今、18歳の同選手の行き先はチェルシーになるかもしれないと英メディアは報じている。

ムブヤンバのカンテラでの歩みは、彼が昨年の夏にマーストリヒトから到着して以来ほとんどうまくいかなかった。195cmのセンターバックはベンチからの要求に少しづつ適応してきたが、ブラウグラナでの活躍には至っていない。

それゆえ、バルサBのディフェンスの中心選手であるホルヘ・クエンカ、ロナルド・アラウホ、オスカル・ミンゲサ、イゴール・ゴメス、アルナウ・コマスといった非常に高いレベルの選手がいることを考慮し、バルサは彼を手放すことを決めた。

そこで、チェルシーが成長を続けるための希望の行き先になるだろう。ムブヤンバはいくつかのエールディヴィジのクラブからオファーを受けていたが、バルセロナに到着する前からすでに彼を追いかけていたロンドンのクラブは彼の移籍を受け入れることになるだろう。