パリ・サンジェルマン(PSG)は、ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を追っているようだが、優先事項はキリアン・エムバペとネイマールの新契約を結ぶことにある。

ロナウドは少なくとも、もう1シーズンはユーヴェに残ると思われたが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退により、再びトリノからの移籍が噂されている。

エムバペとネイマールもまた、リーグ・アンのチャンピオンからの移籍が噂されているが、クラブにはロナウドを獲得して、2人のスーパースターと組ませたいという野望があるようだ。

しかし、金銭的な面からそれは厳しいように思える。フランスのクラブはすでに多額の賃金を支払っていることから、今夏のロナウド獲得に向けて、貴重な資金を切り崩したくはない。

『ESPN』によると、PSGはユヴェントスのスター選手であるロナウドを追うよりも、エムバペとネイマールの契約を延長することを優先している。

2人のスター選手は2022年に契約満了を迎えるが、それぞれレアル・マドリーとFCバルセロナへの移籍が噂されている。