現地時間11日、ビジャレアルはレアル・マドリーからレンタル(1年間)で加入した久保建英の入団会見を行った。

久保は同会見で他クラブからのオファーがあったものの、ビジャレアルを選んだ理由について次のように明かしている。

「ビジャレアルを選んだのは、自分も家族も代理人もそう思っていたからです。他にもオファーがあったのですが、ここが一番良かったので来ました。今はビジャレアルに集中していて、他のことは考えていないです。昨年のマジョルカの時と同じように、ビジャレアルのサービスを100%受けています」

また久保は、クラブの印象についてもコメントし、「この素晴らしいチームの一員になれたことをとても嬉しく思っています。ここでプレーしたことがあり、まだピッチは見ただけですが、シウダード・デポルティバ(マドリーの練習場)と同じくらい壮大だと思います。個人的にも集団的にも良いシーズンを過ごせたらいいなと思っています」と語っている。

若き日本の至宝は、ラ・リーガ初ゴールをビジャレアル相手に決めているが、今季対戦した同クラブのフットボールについて、「彼らは常にボールを持っていたので、ついていくのは難しかったですが、これからは逆になるので興奮しています」と言及し、期待を高めているようだ。