バイエルン・ミュンヘンのエース、トーマス・ミュラーはチャンピオンズリーグ準々決勝のFCバルセロナ戦を前にインタビューに応えている。

カタルーニャのチームに問題があり、対してバイエルンが絶好調であることは間違いないとしながら、何が起こるかわからないと語っている。

「私たちはタイトルを取り続けている。それは偶然ではない。しかし、我々は全ての試合を謙虚に受け止めている。浮かれることはない。バルセロナはリーガを制したわけではなく、いくつかの問題点を示しているが、1回限りの試合では何が起こるかわからない」

バイエルンの指揮官も、チームの準備は整っているとし、対戦相手へのリスペクトはあるものの、自分たちの質にも自信を持っているという。

バイエルンはカップ戦の決勝戦の後、2度の休日を過ごしたが、フリックによると、選手たちは順調にトレーニングに戻ってきているという。