FCバルセロナ対バイエルン・ミュンヘンの大きな見どころの一つは、レオ・メッシとロベルト・レヴァンドフスキのゴール決戦だろう。

ここ数日、両選手を巡って議論が交わされていたが、試合前日会見に臨んだバルサのキケ・セティエン監督にもこの比較について問われた。

セティエンにとってメッシは議論の余地なく世界最高である。「レヴァンドフスキは素晴らしい選手だが、レオには及ばない。それは明らかだ。彼は今、最高の場所にいる。(レヴァンドフスキは)チャンピオンズリーグでは13ゴールを挙げており、チームメイトのアシスト力も高い。でも先日のナポリ戦でレオを見た。こういう選手が楽しめるのはいいね」

レヴァンドフスキはバイエルン・ミュンヘンの攻撃を一手に担っている。しかし、レオ・メッシはゲームのあらゆる場面で創造性を発揮し、世界の他のどの選手よりも数段先を行っている。