バルサの選手としての別れの中で、ルイス・スアレスはアトレティコ・マドリーへの移籍理由を説明した。

「私はラ・リーガで競技を続ける資格があると思っている。昨シーズンの怪我はあったものの、まだまだハングリーだし、これからも試合に出続けられるところを見せたい」

ウルグアイ人はまた、「皮肉な話だけれど、バルサから頼りにしていないと、私は市場に出ていると言われ、多くの電話やオファーがあったなかで、最高レベルでフォローされていると感じたんだ」と語っている。

だからこそスアレスはアトレティコを選んだ。「バルセロナやレアル・マドリーに対抗できるチームだから、何の疑問も持たなかった」という。

「この挑戦に魅力を感じているし、楽しみにしている。バルサとの試合は特別なものになることはわかっている。なぜならお互いをよく知っているから、バルサの選手も私もベストを尽くそうとするよ」

「ディエゴ・ゴディンとアントワーヌ(・グリーズマン)と話をした。去年はリーガで戦えなかったが、非常に競争力のあるチームだ」と多くの期待を抱いていると語った。

アトレティコの選手として、スアレスは友人のメッシと対戦する。「それは私たちの関係を変えるものではない、私たちはすでに代表チームで対戦している」と彼は言った。